スポンサードリンク
   


大阪-名古屋の往復バスはウェラーエクスプレスがお得?


大阪から名古屋は、往復バス(高速バス)を利用すれば格安で移動できます。
しかし高速バスは、繁忙期になると鉄道の移動に比べ高額になる場合があります。
新幹線も繁忙期は料金が上がるので、それに比べれば繁忙期でも高速バスは安いですが。

大阪名古屋往復バス利用でいちばんお得だと感じたのは、ウェラーエクスプレスのキャンペーンでした。

大阪-名古屋乗り放題パス 5日程 10日程
http://travel.willer.co.jp/campaign/osaka-nagoya/?mid=6&utm_medium=email&utm_source=melmaga

大阪-名古屋で往復バスを3ヶ月以内に2回以上使用すれば元が取れるという、太っ腹な企画でした。(5日程の場合)

※ウェラーエクスプレスの大阪-名古屋は片道1500円(最安値)から
2016年現在


上記キャンペーンは2015-2016年ですが、当サイト管理人は2014-2015年のキャンペーンを利用しました。

繁忙期関係なく使えるパスだった(はず)ので、年末年始を挟んでいるのにすごい企画だなーと。
中部地方在住の当サイト管理人はちょうどキャンペーン期間中に3ヶ月の間に月1回、合計3回大阪に通う予定があったので、「5000円で大阪に行けるー!」と有効期間の日程に注意しながら速攻申し込みました。
居住地-名古屋への移動料金(往復2560円×3回=7680円)のほうが高かったという(なんか納得できなーい!)。

さすがにこれほどお得なキャンペーンはもう出てこないのでは? と思っていましたが、○○記念キャンペーンで乗り放題パスが(先着順でしたが)特典にありました。
ですので、ウェラーエクスプレスの乗り放題パスは、使用可能路線に大阪-名古屋が含まれていれば、大阪と名古屋を往復バスで短期間に数回移動するにはすごくお得です。

大阪名古屋往復バス利用は、最も安い移動手段です。
しかし繁忙期の高速バス移動は、最安とはいえない場合があるので注意が必要です。
posted by アラフォー女の生態 at | 大阪 名古屋 一番安く行く方法>高速バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーン直行便廃止 初ヨーロッパ旅行の思い出


ウィーン直行便廃止のニュースは驚きました。
2016年9月4日が最終便ということで、27年続いたウィーン直行便廃止になるのは少しさびしいものがあります。
初ヨーロッパ旅行で利用した航空会社がオーストリア航空のウィーン直行便だったので、当時のことを懐かしく思い出しました。

初ヨーロッパ旅行は、ウィーン直行便でウィーン到着後、

・ブタペスト(ハンガリー)
・ウィーン(オーストリア)
・プラハ(チェコ)


の3カ国を巡る6泊8日のツアーでした。
それぞれの都市に2泊する今考えると少しハードスケジュールなツアーだったような。
なぜこのツアーに参加したかといえば、モニターツアーということで、円安にもかかわらず旅行代金が98,000円という、ヨーロッパ旅行ではありえない価格だったからです。
チェコにビザなしで入国できるようになった直後だったと思います。

しかし日本国内の移動が

居住地(中部地方)→名古屋→(新幹線)→新大阪→伊丹→成田

ツアー

成田→(電車)→羽田→伊丹→新大阪→(新幹線)→名古屋→居住地


国内移動の航空便は無料でしたが、それ以外の移動に時間、お金がかかったので(往路は伊丹空港のホテルに1泊)、国内移動にかかった費用を考えるとあまりお得感はなかったですが。
(当時は関西国際空港-ウィーン直行便もありました)

オーストリア、ハンガリー、チェコ3カ国のツアーはその後、各旅行会社のヨーロッパ旅行のパンフレットでよく見かけるようになりましたが、多くのツアーがウィーン直行便を利用していました。

初ヨーロッパ旅行では、ツアー途中風邪を移されてしまいウィーンではほとんど観光できなかったので、ウィーンは再度訪れたい都市なのですが、ウィーン直行便廃止となると、

成田・羽田・関空・セントレア→フランクフルト・ミュンヘン→ウィーン

というルフトハンザドイツ航空を利用したルートが考えられます。
セントレア-フランクフルトは週3便になってしまいましたが(2016年9月)、近い将来ウィーンで観光できればいいなと。

ウィーン直行便廃止のニュースは驚きましたが、ウィーン直行便がなくても行くことは可能。
音楽の都を堪能すべく、今から計画を立てようかなー。
posted by アラフォー女の生態 at | 海外旅行>航空会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

macのメモアプリ デフォルトのフォント変更はEl Capitanでできるけど…


macメモアプリデフォルトのフォント変更は結論からいえばできますが、メモアプリからはデフォルトのフォントの

・サイズ
・スタイル


の変更はできません。
Yosemite以前ならあまりややこしくはなかったのですが(でもめんどいかな)、El Capitanからは手順がひと手間増えました。

El Capitanではmac純正のメモアプリはかなり使い勝手がよくなりましたが、デフォルトのフォントサイズが小さいのだけはNG
特にmacbookairのメモアプリの場合、画面が小さいのでフォントサイズが小さいのが余計気になります。
新規メモ作成時にフォントサイズの変更を毎回実行するのは手間なので、デフォルト(初期状態)でフォントサイズを大きくできないかを調べたところ、下記サイトを見つけました。

Mac純正のメモアプリのフォントサイズ変更方法
http://sawayakatrip.com/mac-memoapp-fontsize

上記サイトで少し触れていますが、El Capitanではmacメモアプリデフォルトのフォント変更を行うにはSIP(Rootless)をOFFにする必要があります

Rootlessの無効化→メモアプリのフォントサイズ変更→Rootlessの有効化

の順に実行しました。

システム整合性保護(SIP)を無効にする方法は

Mac OS 10 El Capitanパーフェクトガイド―コレ1冊で完全マスター (100%ムックシリーズ)
Mac OS 10 El Capitanパーフェクトガイド―コレ1冊で完全マスター (100%ムックシリーズ)

のコラム

El Capitanに採用されたセキュリティ技術
「システム整合性保護(SIP)」ってどんな機能?(P48)


にありました。

<参考サイト>
OS X 10.11 El Capitanのシステム保護機能「Rootless」を無効にするcsrutilコマンドの使い方。
http://applech2.com/archives/46435268.html

Rootlessの有効・無効化はリカバリモードの起動が必須です。
※Rootlessの有効・無効化は自己責任でお願いします。

また「default.plist」とありますが、正確には「DefaultFonts.plist」の変更になります。
DefaultFonts.plistのファイルの扱い方が少し分かりにくかったので備忘録を兼ねた補足を。

・Finder→アプリケーション→メモ.appを右クリック→「パッケージの内容を表示」をクリック→Contents→Resources→ja.lprojでもDefaultFonts.plist確認可能
・DefaultFonts.plistを選択し右クリック→”DefaultFonts.plistをコピー"をクリック
・デスクトップ等で右クリック→項目をペースト でファイルを貼り付け
・デスクトップ等に貼り付けたファイルを変更
・フォントスタイルの変更もできそうだが、日本語フォントのスタイル名の英語表記? が不明なので変更せず
・変更したDefaultFonts.plistを元の場所にドラッグアンドドロップし元のファイルのデータを上書き


ちなみにMountainLionのメモアプリは3種類だけですがアプリ上でデフォルトフォントのスタイル変更ができました。

memo10_8.png

しかもDefaultFonts.plistにデータを追加するとフォントスタイルの追加も可能だったようです。
しかしEl Capitanではmac純正のメモアプリデフォルトのフォント変更ができません
MountainLionでもメモアプリのデフォルトのフォントサイズ変更はできませんでしたが、フォントサイズはそれほど小さくなかったのであまり気にすることはなかったのですが。

El Capitanのmac純正のメモアプリ、デフォルトのフォントの変更にこんなに手間がかかるとは思いませんでした。
posted by アラフォー女の生態 at | PCトラブル>mac 純正アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行で野菜不足に 顔に赤いブツブツが(泣)


海外旅行中の野菜不足はかなり心配していましたが、イヤな予感は当たるもので。
予想通り顔に赤いブツブツができました

普段の食生活は玄米菜食・1日2食の粗食生活なので、海外旅行が決まった時、まず心配したのが野菜不足でした。
言葉? そんなのなんとかなります。
それより旅行中の体調管理のほうが大切です。
以前海外旅行ツアーで風邪引いて熱出して大変な目にあったので、旅行中の体調管理の大切さは身にしみています。
とはいえ今回の旅行では往路の機内でお酒の飲み過ぎで二日酔い、とオバカな行動しちゃいましたが。
(詳しくは 飛行機で乗り物酔いに 頭痛がひどかった原因は○○だった! をご覧ください)

今回のアルゼンチン旅行は朝9時過ぎ出発の飛行機で当日自宅出発が間に合わないので、空港そばのホテルに前泊しました。
日本国内でも外食では野菜不足になるので、日本出国前日に空港のジューススタンド&カフェでフレッシュジュースを見つけた時は嬉しかったです。

海外旅行野菜不足で困るのが便秘。
レトルトの玄米ごはん・玄米粥を持参していたので、アルゼンチンでは1日1食は玄米食べたおかげか便秘にはなりませんでした。
ちなみにブエノスアイレスのスーパーマーケットには玄米が売られてました

アルゼンチンでは日本人の知人宅に滞在しましたが、生野菜の摂取は思うようにできませんでした。
そのためアルゼンチン出国日前後に顔に赤いブツブツが(泣)。
アルゼンチンなど南米では、野菜不足の解消にマテ茶を飲んでいるようなので、スーパーマーケットに生野菜はありましたが、生野菜の需要は日本ほどない、と感じました。

アルゼンチン出国後の経由地のフランクフルトでは2泊しました。
海外旅行野菜不足で野菜に飢餓状態、フランクフルトではホテルにチェックイン後、「生野菜はどこだー」とフランクフルト中央駅構内を散策したところ、ありました、サラダ&フレッシュジュースのお店(MR.CLOU)。

主食は別の売店でプレッツェル(日本のポッキーはプレッツェルと表記されていますが、ポッキーとは似ても似つかないです)購入、チキンサラダでタンパク質と生野菜摂取、おまけにフレッシュジュース(デトックスと表記された青汁みたいな)でやっとまともな食事にありつけました。
玄米はアルゼンチンで完食したのでフランクフルトでは食べませんでしたが、生野菜摂取していたので便秘にはなリませんでした。
そしてデトックスジュースのおかげか、ドイツ出国時には顔の赤いブツブツはきれいになくなっていました

デパートのビュッフェにもフレッシュジュースがありました。

F_03.JPG

F_04.JPG

海外旅行野菜不足は長期化すると体調が悪くなります。
現地調達できればいいのですが、できなければ粉末青汁を持参して野菜不足を補えるかもしれません。
posted by アラフォー女の生態 at | 海外旅行>食べ物 特産品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mac OS Xのクリーンインストール手順 <データ復元>


mac OS Xのクリーンインストール完了後、バックアップデータを復元します。
timemachimeでバックアップすると、データだけでなく作業環境も復元できるので便利です。

timemachineにあるデータ復元は「移行アシスタント」を使うのが一般的です。
しかし今回はクリーンインストールしているので、mac OS Xインストール後の初期設定でtimemachineでバックアップを取ったデータを復元できます。

※timemachineのデータバックアップを外付けHDDにしている場合、あらかじめ外付けHDDを接続しておきます

macクリーンインストール後の初期設定で

このMacに情報を転送

になったら、

情報の転送方法を選択してください

の一覧から

Mac、TimeMachineバックアップ、または起動ディスクから

にチェックし実行すれば、時間はかかりますがデータ、作業環境を以前の状態からほぼ引き継ぐことができます。

クリーンインストール後の初期設定で

このMacに情報を転送→今は情報を転送しない→続ける

とtimemachineによるデータ復元を飛ばしても、初期設定終了後に「移行アシスタント」でデータ復元できます。

おおまかな流れ
・「アプリケーション」→「その他」内の「移行アシスタント」を起動
・はじめに→パスワード→移行アシスタント→「Mac、TimeMachineバックアップ、または起動ディスクから」にチェック
・「転送する情報を選択」→続ける


参考にした書籍
Mac OS 10 El Capitanパーフェクトガイド―コレ1冊で完全マスター (100%ムックシリーズ)
Mac OS 10 El Capitanパーフェクトガイド―コレ1冊で完全マスター (100%ムックシリーズ)

<各種システムの認証>
mac OS Xのクリーンインストール手順<クリーンインストールの前に>

で認証解除したアプリの再認証、サインアウトしたアプリはサインインします。

・iTunesの認証
・iCloudにサインイン
・「メッセージ」にサインイン


macクリーンインストール後のtimemachineからのデータ復元は手順が簡単ですし、以前の作業環境も復元できて便利です。
posted by アラフォー女の生態 at | PCトラブル>mac クリーンインストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク